お問い合わせ メールフォーム 082-814-8700 広島市安佐北区可部町勝木1948

広島市可部地区原爆被爆者慰霊碑

このたび、原爆被爆者協議会可部支部と、慰霊碑を管理してきたボランティア団体との
以前からの悲願であった『木柱から石碑への建替え』がこのほど完成をいたしました。
昨日、区長を来賓に迎え、関係者約60人が出席して除幕式がとり行われました。建立に当たって、広島可部ライオンズクラブ(瀬川洋志会長)が石碑を寄贈 しました。
昭和20年8月6日、原爆が投下され、爆心地近辺では多くの死傷者が出て、避難所はすぐに満員になりました。
当日の午後には被爆者が約17km離れた可部にたどり着きはじめ、重傷を負い運ばれてきた方々も、臨時避難所となったお寺や学校などに収容されました。その後、次々と死亡され、仕方なく近くの根の谷川河川敷で何の法要もなく又、身元も調べられず遺体百数十名が火葬されたそうです。
(実際の見た光景は遺体をまとめて燃やしたという表現の方が合っているそうです)
この慰霊碑建立をきっかけに、年月の経過とともに悲惨な出来事を伝えにくくなっていく中、後世に伝え未来永劫 、平和であり続けることを願い、根の谷川を見下ろし建っています。                       合掌

 

 

2017年11月10日
お問い合わせはこちら
お申し込みは西山石材株式会社まで
フリーコール 0120-14-2480
不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
温故知新